帆船日本丸[Sail Training Ship NIPPON MARU]

総帆展帆(そうはんてんぱん)/満船飾(まんせんしょく)

総帆展帆(そうはんてんぱん)満船飾(まんせんしょく)
帆船日本丸では、現役当時の姿を皆様に見ていただくため、
定期的に総帆展帆(そうはんてんぱん)、満船飾(まんせんしょく)を実施しています。

総帆展帆(そうはんてんぱん)ってなんだろう?

総帆展帆(そうはんてんぱん)ボランティア
総帆展帆とは、全ての帆をひろげることをいいます(普段はたたんでいます)。現在の日本丸の帆(セイル)は全部で29枚あります。自動で帆をひろげたり、たたんだりしていると思っている方もいるかもしれませんが、すべて手作業でひろげています。この作業は訓練を終えて登録されているボランティアの方々の協力で行っています。約2,000人あまりの方が登録されていますが、総帆を展帆するためにその中から毎回100人ほどのボランティアの方々に参加いただいております。
総帆展帆の手順 ※画像クリックで拡大します
総帆展帆[1] 総帆展帆[2] 総帆展帆[3] 総帆展帆[4] 総帆展帆[5] 総帆展帆[6] 総帆展帆[7]

満船飾(まんせんしょく)ってなんだろう?

満船飾(まんせんしょく)
満船飾とは、船でお祝いの時に国際信号旗(船の通信に使用する旗)を掲揚することをいいます。日本丸では、船首から各マストの頂を通して、船尾までつづっています。
※帆はひろげません。
ビューポイント
帆船日本丸のビューポイント帆船日本丸のビューポイント
総帆展帆や満船飾の写真を撮る場合、日本丸の船首側から撮影すると、観覧車などの周りのMM21地区の風景がきれいに入ります。みなとみらい大通り沿いの道や、動く歩道からも美しく撮ることができます。
帆船日本丸・横浜みなと博物館
〒220-0012 横浜市西区みなとみらい2-1-1
TEL:045-221-0280 FAX:045-221-0277