ご寄附のお願い

 当財団においては、公益目的事業として「帆船日本丸事業」「横浜みなと博物館事業」「緑地事業」の3事業を展開しています。事業へのご理解・ご支援をお願いいたします。
 詳しい説明は下記(事業1~3)をご覧ください。

ご寄附のお申込みについて(銀行振込)

1 下記から申込書をダウンロードしていただき、郵送、FAX、又はEメール(必ず申込書を添付してください)にてお送りください。
  寄附金の使途について、特定の事業への寄附を選択することもできますので、ご希望がある場合は寄附金申込書にご記載願います。
  ご希望のない場合は、公益目的事業全体への寄附とさせていただきます。
  ・申込書はこちらからダウンロード
 
2 ご寄附のお振込みをお願いいたします。
  横浜銀行 本店営業部
  普通口座 0381659
  公益財団法人帆船日本丸記念財団
  コウエキザイダンホウジンハンセンニッポンマルキネンザイダン

3 寄附金の入金を確認後、寄附金受領証明書を郵送いたします。
  証明書の発行は原則として、寄附1回につき3,000円以上とさせていただきます。

4 ご寄附の特典については、こちらをご参照ください。
  ・ご寄附の特典はこちらからダウンロード

5 税制上の優遇が受けられます。
  当財団は公益財団法人のため、上記の寄附金受領証明書を確定申告書に添付することにより、所得税、法人税の控除が受けられます。

6 遺贈、相続財産による寄附も受け付けております。
  当財団は公益財団法人のため、税制上の優遇が受けられます。詳しくはお住まいの管轄の税務署にご確認ください。なお、遺贈に関して当財団では提携している金融機関等はございません。

7 寄附に関するご不明点、お申込みのご相談、ご意見等がございましたらご遠慮なくお問い合わせください。
  〒220-0012 横浜市西区みなとみらい2-1-1
  公益財団法人帆船日本丸記念財団 総務課
  電話 045-221-0280 FAX 045-221-0277
  メール n-info@nippon-maru.or.jp

事業1:帆船日本丸事業

帆船日本丸の保存

帆船日本丸は、国指定重要文化財として船体を美しく保存し、お客様に快適かつ安全に見学して頂けるよう、冬季には1月程公開を中止して船体整備を行っています。また、ボランティアの方々の協力を得て真鍮みがき、甲板の清掃や補修、船内各所の塗装などの作業を日々行っています。帆船日本丸の保存事業について詳しくはこちら
真鍮磨き

帆船日本丸の公開事業(展帆)

帆船日本丸は1985年(昭和60年)4月横浜で公開がはじまり、多くの市民や観光客の方々にご来場頂き、この間の入場者数は、550万人を達成しました。年間約12回の展帆(帆を広げること)を行い、通算では374回実施(延べ38,271人のボランティアが参加)して、帆船としての雄姿をお見せし、大勢のお客様に喜ばれています。帆船日本丸の公開事業について詳しくはこちら
総帆展帆

帆船日本丸練成事業(海洋教室、研修等)

帆船日本丸での訓練や生活を体験できる海洋教室にはこれまで38,000人を超える参加者があり、特に小・中学校の学校教育で活用されています。半日、1日、1泊2日の3コースがあり、ヤシの実を使った甲板みがき、ロープで様々な結びに挑戦する結さく訓練、カッターボートを漕ぐ体験などを行っています。また、企業研修の場としても活用していただいています。帆船日本丸練成事業について詳しくはこちら
海洋教室の活動風景

事業2:横浜みなと博物館事業

資料収集・保存・公開事業

横浜みなと博物館は、横浜港の歴史、港や船の仕事、生活、文化にかかわる資料及び柳原良平作品を広く収集しています。
常設展示は「歴史と暮らしのなかの横浜港」をテーマに、小学生から大人まで興味を持って楽しめる展示内容となっています。なかでも、操船シミュレーターやコンテナクレーンの模型コーナーは、体験型・参加型展示として子どもたちに人気があります。
資料収集・保存・公開事業について詳しくはこちら
博物館内の様子

柳原良平作品の展示・公開事業

港や船の作品を多く残した、画家・イラストレーターの柳原良平(1931〜2015)。2016(平成28)年にご遺族から4,848点の作品が横浜市に寄贈され、横浜みなと博物館内にはその作品を常設で展示する「柳原良平アートミュージアム」があります。
展示替えや、時宜に合わせた特集展示を行い、作品の公開を進めています。
柳原良平作品の展示・公開事業について詳しくはこちら
船の工作教室の様子

海と船と港の理解を深める事業

船や港、海に関する興味や関心、そして学習を深めることを目的として、「船の工作教室」、「親子海図教室」などを実施しています。
横浜みなと博物館では、博物館常設展示室の解説をする展示案内ボランティア、土曜開催の「船の折り紙教室」、日・祝日開催の「ペーパークラフト教室」、夏休みの子ども対象の事業を指導する教育活動ボランティアが活動しています。
海と船と港の理解を深める事業について詳しくはこちら
船の工作教室の様子

事業3:緑地事業

日本丸メモリアルパーク

横浜みなと博物館屋上の芝生広場は海が臨めるロケーションにあり、市民の憩いの場や遠足の昼食場所等として、幅広く活用されています。
帆船日本丸と横浜みなと博物館のある日本丸メモリアルパークは、屋外イベントや各種撮影にもご利用いただいています。
日本丸メモリアルパーク事業について詳しくはこちら

吹奏楽・芝生でのお弁当の様子

水辺のアクティビティ事業

日本丸メモリアルパーク敷地内にあるシーカヤックパークでは、年間を通して日本丸シーカヤック教室・日本丸カヌーポロ教室を開催し、様々な年代の皆さまに海や川に親しんでいただいています。近年、都会で楽しめるアウトドアスポーツとして注目を集めています。
水辺のアクティビティ事業について詳しくはこちら

吹奏楽・芝生でのお弁当の様子