横浜みなと博物館[Yokohama Port Museum]

横浜みなと博物館へようこそ

横浜みなと博物館(旧 横浜マリタイムミュージアム)は、2009年4月24日(金)正午、オープンしました。

横浜港は2009年(平成21年)、開港から150年目を迎えました。横浜みなと博物館では、この150年の中で横浜港が積み上げてきた歴史や、技術、文化を最新の研究や情報を反映し紹介します。横浜みなと博物館の展示テーマは「歴史と暮らしのなかの横浜港」。はじめての「横浜港」をテーマにした博物館です。150年の歴史を紹介する「横浜港の歴史」ゾーンと、横浜港の役割をテーマ別に学べる「横浜港の再発見」ゾーンで構成された常設展示で、横浜港のことをまるごと学んでみてください。

こどもも大人も横浜港のことが楽しく学べる博物館、「横浜みなと博物館」へのご来館をお待ちしています。

横浜みなと博物館の常設展示案内図です。
ポイントをクリックすると詳細がご覧いただけます。 ■館内案内図はこちら。
横浜みなと博物館の常設展示案内図 1開港前後の横浜 2近代港の建設 3関東大震災と復興 4戦争と接収 5高度経済成長と港の整備 6コンテナ輸送時代の始まり 7国際競争力の強化 1港のすがた 2築港 3港運 4開運 5造船・修繕 6くらし・環境 操船シミュレーター 横浜みなと博物館 常設展示案内図