柳原良平アートミュージアム

柳原良平アートミュージアム展示風景
日本丸展帆・右舷A 1990年代 切絵

アンクルトリスの広告デザインや船の絵で知られる柳原良平(1931~2015)の常設展示室「柳原良平アートミュージアム」が、2018(平成30)年3月27日(火)に横浜みなと博物館内にオープンしました。

2016(平成28)年にご遺族から横浜市に寄贈されたイラストレーションや油彩画など、約150点の作品を展示しています。また年に数回、テーマを決めて特集展示を行っています。柳原良平の多彩で多様な世界をお楽しみください。

ご利用案内はこちら 
柳原良平アートミュージアムグッズはこちら

2022年度特集展示 開催予定

「柳原良平が描く横浜の港の風景」 2022年6月28日(火)~10月2日(日)

「柳原良平と船の旅」(仮) 2022年10月4日(火)~2023年3月26日(日)

大桟橋に憩うにっぽん丸とふじ丸
1992(平成4)年 切絵
船旅を楽しむ柳原良平(仮題)
1970年代 切絵

柳原良平アートミュージアムについて

柳原良平は、京都市立美術大学(現・京都市立芸術大学)卒業後、寿屋(現・サントリー)宣伝部に入社し、広告デザインの仕事で、早くも30歳でデザイナー、イラストレーターとしての地位を確立しました。その後、絵と文で船への想いを傾けた『柳原良平 船の本』を契機に、こどもの頃から好きだった船の絵を本格的に描き始めました。

1964(昭和39)年、柳原良平は、毎日船を見ることができる横浜の山手に移り住み、横浜を母港に世界と日本の港と船を巡り、精力的に創作活動を展開しました。

アートミュージアムでは、柳原良平の代表作ともいえるアンクルトリスのイラストレーション・デザイン、その後の幅広いグラフィックデザイン、アニメーション、絵本、装丁、漫画、そして油彩画やリトグラフなどの多彩な活動を紹介します。

ポスター トリスを飲んでHawaiiへ行こう! 1961(昭和36)年 寿屋
サントス港の笠戸丸 2008(平成20)年 油彩画