現在の工事進捗状況
<1月15日~1月20日の工事予定>
先週に引き続き、船の周りに作業用の足場を設置します。また、船底にある清水タンク等の整備に着手します。
写真はギャラリーページにも掲載しています。
周囲の撮影スポットはこちらになります(第1号ドック内に入ることはできません。)

 

 

◆帆船日本丸大規模改修の事業担当
横浜市港湾局賑わい振興課
◆帆船日本丸大規模改修の作業担当
【発注者】横浜市港湾局保全管理課
【請負者】ジャパンマリンユナイテッド(株)


帆船日本丸大規模改修
帆船日本丸は、昭和5年に建造され、練習帆船として長い間海洋国家日本の人材育成を支えてきました。昭和60年には、多くの都市からの誘致要請があった中で、横浜市に迎えることができ、横浜港のシンボルとして市民や観光客の皆さまに広く親しまれてきました。また、誘致以来、横浜市の定期的な整備・管理に加え、ボランティアの皆さまを中心に船内の清掃や日々の整備作業を絶え間なく行っていただいているため、美しい姿を保ち続けています。

しかし、帆船日本丸は船齢88年を越え、局所的に腐食や摩耗などが進んでおり、今後も横浜港のシンボルとして末永く保存し、未来に向けて青少年への海洋教育の普及、観光・MICEの振興に活用していくためには大規模修繕が必要です。

そこで、横浜市では平成30年度から2か年かけて、帆船日本丸の大規模修繕を行います。

工事の概要
20年ぶりにドック内の海水をすべて排水し、ドライドックの状態にして、老朽化している船体・船底をはじめ、甲板やヤードなどの修繕を行います。

場所 日本丸メモリアルパーク第1号ドック
船体・船底 鋼板等の腐食部分の修繕を行います
甲板・漏水 木甲板の張替え、エントランスからの漏水防止工事等を行います
ヤード ひび割れたヤード(帆桁)の交換等を行います
リギン 老朽化ワイヤーの塗装、交換、防錆工事等を行います
機関・居室 搭載機器、居室等の修繕を行います

期 間:平成30年度~31年度
事業費:約6億円

<資料>
・平成30年度 帆船日本丸大規模改修についてのお知らせ(横浜市港湾局作成)PDF
・過去の工事記録 帆船日本丸大規模改修工事の記録 平成2年度及び10年度(財団作成)PDF