お知らせ[News]

2017年12月14日更新
12月9日(土)石井啓一国土交通大臣が帆船日本丸と横浜みなと博物館をご視察されました

石井大臣を中心に帆船日本丸前で記念撮影(中央:石井大臣、左から3番目:志澤横浜みなと博物館長、4番目:金近帆船日本丸記念財団会長、6番目:飯田帆船日本丸船長)


横浜港大さん橋で使われていたスクリューパイルを熱心にご覧になる石井大臣(中央)


帆船日本丸船内でイギリス製の鋼材をご覧になる石井大臣

石井大臣は、横浜みなと博物館では横浜港大さん橋で100年にわたって使用されていたスクリューパイル、関東大震災での横浜港の被害と復興、コンテナ輸送、みなとみらい21地区の開発、南本牧ふ頭建設の展示などを大変熱心にご覧いただきました。また、帆船日本丸では、日本丸で使用されているイギリス製の鋼材、国産初のディーゼルエンジン、小学生を対象とした海洋教室に参加した子どもたちの感想などをじっくりとご覧になっていらっしゃいました。
お寒い中、ご来場いただきありがとうございました。