施設の申込案内

撮影の申込(施設を用いた撮影について)

横浜みなとみらいの魅力にあふれた「日本丸メモリアルパーク」での撮影のご案内です。
「日本丸メモリアルパーク」には、白い帆がシンボルの「帆船日本丸」と、横浜港をテーマにした「横浜みなと博物館」のほか、大岡川に面した広大な芝生、様々なモニュメントなど魅力ある被写体がたくさんあります。社会実験として、水陸両用バスの運行も始まっています。
訓練センター屋上からのみなとみらいの眺望、ランドマークタワーを背景にした日本丸、大岡川河口に沿った広大な芝生、そして、みなとみらいの夜景など、撮影のポイントが盛りだくさんです。
テレビドラマ、映画、CF、MV、フラッシュモブ、イメージ写真、記念写真撮影など様々な場面でご利用いただいております。

日本丸メモリアルパークでの撮影につきましては、事前の申請が必要です。こちらの内容をご覧いただき、お申し込みください。ご不明な点がありましたら、撮影担当者へお問い合わせをお願いします。ご利用をお待ちしております。  最終更新日 2017/8/12

予約・受付をしている区域

帆船日本丸・横浜みなと博物館では、4つの区域での撮影予約を受付しております。

  1. 日本丸メモリアルパーク(大岡川側)
  2. 日本丸周辺(ランドマーク側)
  3. 帆船日本丸(船内)
  4. 横浜みなと博物館(館内)
    ※水陸両用バスの撮影の場合も、申請が必要になります。
    ※シーカヤックパーク等、水域利用の撮影についてはご相談ください。

    メモリアルパーク全域図
基本撮影許可時間
9:00〜19:00 (応相談)
撮影許可基準について
  1. 上記の基本撮影許可時間帯であること
    (基本撮影許可時間帯以外には下記別途料金がかかります)
  2. 撮影区域・時間が他の撮影と重ならないこと
    (原則として先着順にお受けします)
  3. 公序良俗に反したり、他の利用者に不快感を与えたりする内容でないこと
    (ヌード・過激なラブシーン等が含まれるもの)
  4. 危険な行為を伴う内容でないこと
    (海に飛び込むシーンや火薬を用いた爆破シーン、暴力シーン等が含まれるもの)
  5. 帆船日本丸、横浜港のイメージを著しく損なう内容でないこと
    (密輸や麻薬取引の描写等が含まれるもの)
  6. 緑地の管理上支障のないこと
    (大掛かりなセット等の設置を伴うもの、火薬類・火気を大量に用いるもの、緑地の施設を破壊する恐れのあるもの)
  7. 一般利用者の通行を妨げないこと
    撮影区域・内容・時間帯によっては、一般利用者が多い休日の昼間等は撮影を見合わせていただくことがあります。一般利用者の自由が大幅に制限されるような規制を行う撮影は行えません。
  8. メモリアルパークの機能を妨げないこと
    撮影区域・内容によっては、撮影に使用する機材を制限させていただくことがあります。
使用料金について
事業や業務の一環として広告写真や映画・ドラマ・ビデオ等のロケーションを行う場合、予約・受付をしている区域1.2.3.4それぞれの1日あたりの撮影料は次の通りになります。
  1. 動画(映画・テレビドラマ・ビデオ等) 60,000円
  2. 静止画(写真・スチール) 30,000円
  3. 基本撮影許可時間以外の時間については、上記金額とは別に1時間単位10%の実費料金がかかります。
      [動 画]1時間6,000円   [静止画]1時間3,000円
  4. 環境協力費として1人あたり54円を申し受けます。
  5. 控室・車両使用については別途料金を申し受けます。
  6. 使用料金は原則として撮影3日前までに(遅くとも当日)現金でお支払いください。
    振込による手続きについては、担当までご相談ください。
  7. 取材の場合は取扱いが異なります。詳細は担当までお問い合わせください。
  8. 学校団体の記念写真撮影の場合、取扱いが異なります。学校団体のページを参照してください
撮影の予約・申込方法

次の手順でお願いします。ご不明点ございましたらお問合せください。

  1. ご希望の日程を明記の上、撮影許可申請書・企画書をsatsuei@nippon-maru.or.jpまでメールしてください。
    (1) 企画書には、撮影したものが最終的にどのようなイメージになるのか具体的に分かるように記載してください。
    (2) 撮影に使用する機材を詳しく記載してください。
     ※動画の場合・・・VTRカメラ、三脚、モニターテレビ、レール、クレーン等
     ※静止画の場合・・・カメラ、三脚、レフ板等
  2. 内容の確認をいたします。
  3. 撮影の可否を担当からご連絡します。
  4. 撮影可能な場合、担当と日程(実施日・下見)、料金、支払方法等ご相談ください。
  5. 当日は横浜みなと博物館の総合案内へお越しください。
    撮影場所へは担当が同行させていただきます。
    また、掲載・放送予定日を担当へお伝えください。
  6. 撮影終了後、帆船日本丸・横浜みなと博物館事務所へ立ち寄り、撮影終了の報告をしてください。
撮影許可申請書等様式
  1. 緑地内行為(撮影)撮影申請書・・・企画書の様式はありません。
    PDF版(221KB) | EXCEL版(60KB)
  2. 車両を利用する場合 緑地内行為(駐車)許可申請書
    PDF版(157KB) | EXCEL版(58KB) 
    地図入り説明書(ご利用時の諸注意 PDF版431KB)
  3. 控室を利用する場合 訓練センター使用申込書
    PDF版(262KB) | EXCEL版(77KB)
  4. 撮影申込メールあて先
    satsuei@nippon-maru.or.jp
申込期限

 申込み期限は撮影予定日の7日前までです。(応相談)
 撮影希望日の7日以内でのご予約は、受付できない場合がありますので早めにご相談ください。

申込の取消・変更について

 申込の取消や日程等の変更を行う場合、速やかにご連絡をお願いします。
 ※控室ご予約の場合や撮影日前に作業を行った場合、所定のキャンセル料が発生します。
 ※撮影中止のご連絡がなく撮影を行わない場合、キャンセル料を申し受けます。

お願いとお知らせ
 撮影でのご利用にあたってのお願いとお知らせです。ご協力をお願いします。
  1. お客様への対応
    (1) 施設のご利用者や一般の方々に十分配慮して撮影を行うようお願いします。
      〇 撮影中であることがはっきりわかるように配慮してください。
      例) プラカード等で掲示する、またはスタッフがついて案内・誘導する。
    (2) 被写体として車両を利用される場合、(撮影時間以外は)撮影で利用中である旨表示をお願いします。
  2. 撮影利用の公表について
    撮影場所がメモリアルパーク内であることを、番組の放映後、または掲載誌等の発行後にWebページや本財団の出版物等に掲載したり、該当Webページへのリンクを設定させていただいたりすることがあります。あらかじめご承知おきください。
      〇不都合な場合は、事前にお知らせください。
  3. 撮影に伴う日本丸訓練センター教室等の利用について
    (1) 訓練センター教室を「控室」等でご利用希望の場合、ご相談ください。
      〇 空きがある場合、お取りすることができます。
    (2) 時間帯等についてご相談に応じますので担当までお問い合わせください。
  4. 撮影に伴う車両の乗り入れについて
    (1) 当日の状況によって台数に制限がある場合がございます。事前にご相談ください。
    (2) 被写体として利用される場合、場所によっては制限がございます。
  5. 足場やセット、大道具等を利用される場合
    (1) 施設を傷めることのないよう、養生をしっかり行うようお願いします。
    (2) 緊急車両の通路4m幅を確保してください。
  6. ロゴ等の表示について
    エンドロール等に、帆船日本丸・横浜みなと博物館のロゴ等の表示をお願いします。
ご利用実績
 2016(平成28)年度、様々な撮影でご利用いただいた実績です。合計122件のご利用をいただきました。ありがとうございました。(件数には取材が含まれます)
  1. ニュース 23件
    帯番組での天気予報等もここに含まれます。
  2. テレビ番組 22件
    連続ドラマ、2時間ドラマ、スペシャルドラマが中心で、バラエティやドキュメンタリーでもご利用いただいています。 「逃げるは恥だが役に立つ」「レンタル救世主」「THE LAST COP」など
  3. CM、広告、宣伝 21件
    CM(CF)中心にご利用いただいています。
  4. 新聞 16件
  5. Web 10件
    Webページに掲載する写真や動画は根強い人気があります。
  6. MV、書籍・雑誌 各5件
    ミュージックビデオの撮影が増加中です。
  7. その他、地域情報誌、記録、映画、ラジオ中継など 計20件
  8. 撮影区分 大岡川側46件、日本丸周辺46件、帆船日本丸26件、横浜みなと博物館37件
    (重複しますので、撮影件数とは一致しません。)
問い合わせ先
帆船日本丸・横浜みなと博物館
〒220-0012 横浜市西区みなとみらい2-1-1
TEL:045-221-0280 FAX:045-221-0277