開催日: 2018年7月18日 - 10月31日カテゴリー:

7月18日(水)~10月21日(日) 帆船日本丸船内展示室

練習帆船日本丸・海王丸が就航した当時に搭載されていた六分儀(セキスタント)が保存されていました。付属品が紛失することなく全て揃った状態の物も有ります。これらを含め、横浜みなと博物館で所有する、セキスタントやそのたの歴史的高度測定儀(複製品)を年代順に展示し、その変遷を説明します。

現代では、船位を決定する方法としてGPSが多く用いられ、天測の重要性が少なくなってきています。日本丸が現役であった時代は、大洋航海中には主に天体観測により船位を求めていました。実習生たちは六分儀を持って船上を動き回り、船位決定のための計算速度を上げる訓練に励んでいました。その当時使用した六分儀も残っています。

バスコ・ダ・ガマ、コロンブス、マゼラン、キャプテン・クック等偉大な航海者達も使用した測角器から当時の航海を想像してみて下さい。

また、セキスタントに依る天体高度の測り方を分かり易く解説しています。実際にセキスタントを手に取って高度測定の方法を体験して下さい。